田中製作所






























CONTACT

編集・EDIT:田中製作所
CONTACT











アンチモニー工芸とは

・アンチモニー工芸の歴史は、武家が抱えていた武具の鋳物師や彫刻師たちが明治維新で職を失ってしまいます、その後、製造の技術、技法を生かせるような新たな産業を模索しているうちに、アンチモニー(鉛とアンチモンの合金)工芸を確立しました。

・当時、東京にアンチモニー工芸の職人が集まっていたため、早くから東京の地場産業として発展し、戦後は輸出による外貨獲得にも寄与しました。

・その技術、技法が「宝石箱」や「優勝カップ」「トロフィー」「バッジ」「五月人形の兜」など装飾品、賞杯、置物などにいかされてきました。







https://合羽橋.tokyo





Copyright © 2024田中製作所ALL Rights Reserved.